仮想通貨には、ビットコインとアルトコインという分類が存在します。ビットコイン以外の通貨を総称してアルトコインと呼んでおり、こうしたことからもビットコインが仮想通貨の中で特別な地位にあることがわかります。

アルトコインの数は非常に多く、ビットコインの機能を高めたり改善したり、様々な特徴を持っています。
イーサリアムのように、ビットコインの牙城を揺るがすような可能性を秘めた通貨もあります。一方で、時価総額の低いもの、新規の通貨、詐欺通貨など、その種類は千差万別です。

仮想通貨は、ビットコインのような基軸通貨であっても大きな値動きをします。アルトコインになれば、その値動きの幅は極めて大きくなります。
値動きが大きいということは、それだけ利益も大きくなりますが、逆に損失も大きくなるため、最悪の結果になれば投資資金の大半を失う危険性もあります。

特にアルトコインでは暴落時のダウンが極端になる場合があり、事前にリスクを想定しておくことが対策に直結します。
また、詐欺通貨に投資して資金を奪われる事案も発生しています。返金を要請しても無視されるケースです。その通貨や業者が本当に信頼できるものかどうか、慎重な検討が必要です。

詐欺の事例については、金融庁や警察庁が出している文面が参考になります。どのような被害が起こっているのかを知っておけば、自分が騙される危険性を少しでも低くすることができます。
ネット上にある相談事例なども参考にし、被害に遭わない方法や実際に遭った場合の相談方法、返金手段の情報も確認しておくといいでしょう。

アルトコインの中でも時価総額の大きい通貨であれば、新しい通貨よりは安心感があります。値動きの激しさは同じですが、通貨としての信頼性はあるからです。途中で消えてなくなるような心配は基本的には低いと言えます。
しかし、ある程度の時価総額はあっても、機能の進展に期待が持てないような通貨も存在します。

このような見極めは、自分自身で情報を集めて行う以外にありません。国内の仮想通貨取引所の場合は、海外に比べて取り扱い通貨が絞られています。正体不明の通貨である心配はありませんが、それでも将来性が保証されているわけではないため、そこでも情報収集が大切です。
国内の仮想通貨取引所は、金融庁から認可を受けている業者であれば、サービス内容やシステムに安心感があります。

利用の際に意識しておきたい点は、メンテナンス時間に全てのサービスが停止することです。メンテナンス中は購入や売却がしたくても、その取引所ではできません。その最中に仮想通貨の価格に大きな変動があった場合はリスクになります。
短期売買のトレーダーは、メンテナンス前に大きなポジションを持たないようにする意識も必要です。

長期運用の場合は、特にメンテナンス時間を気にする必要はありません。しかしリスク分散の意味からも、複数の仮想通貨取引所に口座を持っておく方がいいでしょう。
メンテナンスは数時間程度で終了し、その後は通常通りの全てのサービスが再開します。