バーチャル通貨は2018年8月直近で、およそ1600種類もの通貨が影響しているとされています。そのなかでも最も著名なバーチャル通貨がビットコインです。
ビットコインは2008年11月にサトシ・ナカモトと名乗る者が考案し、その後サトシ・ナカモトを中心とした製作者たちによって生み出されたワールドワイド初のバーチャル通貨です。
サトシ・ナカモトという名前から一見日本人であるかのように思われがちですが、その正体はたくさんな憶測が飛び交うもののいまだに不明のままです。
ここでは触れませんが、サトシ・ナカモトの正体を巡る色々なドラマもバーチャル通貨の醍醐味のひとつと言えます。

日本ではバーチャル通貨が決済手段として使用できるな財産的ありがたみをもつモノである事が理解いただけました。
では、バーチャル通貨と法定通貨(円やドルなどの紙幣や硬貨)にはどれほどの相違があるのでしょうか?バーチャル通貨と法定通貨の差異を知るために注意する着目点は、「発行元」と「長所の担保(アンカー)」の2つです。

法定通貨の発行元は皆様がご存知の通り、各々の国です。
円やドルなどの法定通貨は政府によって発行され、中央銀行を介して市場に流通します。
一方、ビットコインは普通にはプログラムに応じて新たなビットコインが生成されるため発行主体が影響しません。
生成された新たなビットコインは、プログラムによって設定された水準を満たした者が放出する事で市場に流通します。

バーチャル通貨と法定通貨のもうひとつの大きな相違はアンカーの影響です。財産的ありがたみをもつモノは普通、美点ある何かが裏付けとなっている必須があります。円やドルといった法定通貨のケース、この「何かの裏付け」とは「政府への信用」になります。

日本では円の美点を心象しにくいかもしれませんが、アルゼンチンでは通貨の値打ちが下がる事でスーパーに並ぶ食品の値段が午前と午後で大きく異なるという減少が起きました。
これは、政府への信用が失墜し、通貨のありがたみが下がるインフレによって起きた事でした。バーチャル通貨はプログラムによって発行される通貨なので、法定通貨のように長所の源泉となるアンカーが影響しません。

それにより、バーチャル通貨では、ブロックチェーン技術やDLT(分散型台帳)によって本人のデータ(通貨など)が毀損する危険性がないここうして見てきた時に、「バーチャル通貨と電子マネーは如何に違うのだろう?」という質問を抱く方もいるのではないでしょうか。実のところ、バーチャル通貨と電子マネーはともに、電子上で扱われる決済仕組みという側面では同じものであるように感じられます。

では、電子マネーとバーチャル通貨の差異はどこにあるのでしょうか?
バーチャル通貨と電子マネーの差異も、法定通貨と同じくに「発行元」と「値打ちの担保」にあります。例を挙げると、SuicaやPASMOやQuickpayなどの電子マネーは、鉄道企業やQuickpayなどの法人が発行主となる事で発行した電子マネーが日本円と同値打ちである事をバックアップしています。