現在日本では、漫画というコンテンツを仮想通貨のブロックチェーン技術を用いて保存するという取り組みを行っています。
この仕組みはデジタル化した漫画の原稿に対して一つ一つをブロックチェーンによる暗号化技術で細かく暗号化データを封入することで本物の原稿であるか、偽物の原稿であるかを判別可能とした仕組みです。

この仕組みの利点は、購入者側にあり、デジタルコンテンツの漫画を購入した側は必ずオリジナルの原稿の漫画を購入できることです。
というのも、この仕組みを利用せずにマンガコンテンツを発売した場合、デジタル署名を第三者が容易に複製し、その複製した情報をもとにマンガコンテンツをアップロードすることも可能となるため漫画を描いている原作者を守ることができないという問題がありました。

そこで正規の漫画を購入した人物にのみデジタル署名から特別に漫画購入者側だけが得られる特権のような物を付与すれば、こうした海賊版といえる漫画を撲滅できるのではないかという考えがこのマンガコンテンツの販売と保存に関して仮想通貨のブロックチェーン技術を利用しようという考えです。
この考えは利点においては、正規の漫画を購入した人物のみにおいて特典を付けることができる点で、特典自体もアップデートしていけば漫画を購入した人物側は永久的にサービスが持続する限り特典を受け続けることが可能である点です。

反面、特典内容が第3者にばらされた場合どうするかという問題もありますが、特典自体にプロテクトをかけて起き、ブロックチェーン技術に参加をしていない人物が得点のデータを受け取っても閲覧できないようにしておくか、デジタルのデータをアナログデータに変換できないという処理を施しておけば、万が一特典内容がばらされてもブロックチェーン技術で暗号化した特典を貰ったところで内容物を見るとはできないでしょう。

その上で漫画にブロックチェーンを利用して行われる取り組みについては、今後、仮想通貨で直に漫画を購入できるサービスが登場する可能性があり、仮想通貨で漫画の制作者に直接購入料金を支払うことができるサービスが登場する可能性があります。なお一応、漫画自体はかそう通貨での購入を可能としているショップは存在していますがその購入額が直接漫画の制作者に行き渡っているかどうかは未知数で、今後漫画家の方と購入者の方とが直接やり取りをするシステムの登場という物も期待されると推測します。