特商法で禁止されている内容とは

特商法は消費者庁が安心して取引ができるように定めたルールになり、せどりや転売ビジネス、ネットショップ運営をするために覚える必要があります。
禁止されている内容は誇大広告や押し売りなど悪質な訪問販売があり、正確な内容を伝えることが大事です。
また、運営者情報をきちんと明記する必要があり、会社名や所在地、電話番号、メールアドレスは記入漏れがないようにしないといけません。

所在地はきちんと場所を特定できるよう枝番まで記載し、電話番号は携帯電話ではなく固定電話にしてメールアドレスも併用しないと営業を許可されないことが多いです。

また、運営者情報を記載しないことや虚偽の情報を伝えることも違反行為になり、禁止されているため絶対にしないよう責任を持って取引を行う必要があります。

どのような行為が対象になるのか

消費者庁は特商法の対象として通信販売や訪問販売、電話勧誘販売、連鎖販売取引、特定継続的役務提供、業務提供誘引販売取引、訪問購入の7つを挙げ、安心して取引を行えるようにしています。

最近ではインターネットの普及でわざわざ店舗に行かず自宅に商品を届けてもらえますが、虚偽のものであったり代金を支払っても送ってこないなどのトラブルが起きないか心配になるものです。
このようなトラブルを防ぐために特商法を設定し、利用する前にきちんと表記されているか確かめる必要があります。

商取引はお互いの信用のもとで成り立っているため、きちんと責任を持って行うことが大事です。特商法は様々な場面で役に立つため、基礎的なルールとして内容を理解しないといけません。

信用を失わないよう責任を持って考えよう

特商法で禁止されている内容はすれば相手の信用を失うことになり、せどりや転売ビジネスをする前に確認する必要があります。
信用を失うと悪い口コミや評判が流されることになり、リピーターを確保できなくなりチャンスロスになりやすいです。

最近では通販サイトや訪問販売などでトラブルが起きやすく、消費者庁は特商法を設けて違反をすると営業停止命令などの処分を行えるようになっています。

商取引は個人間でも不正をしないよう商品の内容を明確に伝え、興味をひくために誇大広告を作ったり写真や紹介した内容と異なるものを送りつけないようにすることが大事です。

また、不良品などトラブルがあればすぐに対応してもらえるか確かめ、損をしないように取引先を選ばないといけません。